読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄腕監督の野球革命!

ある中学校野球部監督のブログです。

判断局面その2

前回の記事からほったらかしにしておりました。

記事を見直してみると、小難しい内容になってきていますね。反省です。

判断局面の動きで良い打者は、最後の最後にヘッドが走る、みたいなことを書きました。

それでは、そう使うには、どうすればいいんでしょう?

バットのヘッドを出来るだけ自分の体から離さないことです。

逆に、どうしたら離れるんでしょうか?

おそらく原因は、体の回転と手のポジションの関係にあります。

体の回転が起きたとき、体の外側に手がポジショニングしている状態(特にいわゆるボトムハンドが伸びたような状態)だと、回転にバットが取り残され、バットが外側に引っ張られるような力を受けます(いわゆる遠心力だと思う)。その結果バットのヘッドは体から離れ、外回りをしながら加速していきます。

体の回転が起きたときのよい手のポジショニングとは、体の前側に常に手があるようなポジションかつ、手や腕はむしる動かない意識です(引っ張られるような感覚もなく、ただ体と手の関係性が常に変わらない体の回転)。


うーん、ここまで書いてまたまた難しくなってきていますね。自分で見直してもワケわかりません。これでは、部員にも伝わらない…

もう少し修行し直してきます。