読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄腕監督の野球革命!

ある中学校野球部監督のブログです。

再考 最短距離でバットを出せ

「構えたところから最短距離で振りなさい」

皆さんはこの指導をどう思いますか?

「時代遅れ」?「間違いない」?

 

プロ野球選手でもいろいろな意見がありますよね。イチロー選手は「最短距離でバットを出さない派」内川選手は「最短距離でバットを出す派」ですよね。

 

私は

 

最短距離で出す派

 

です!

 

しかし…

 

少し違う点があります。

 

それが、何に対して最短距離で出すのか

 

です。

 

え?

 

ボールに決まってるでしょ。

 

 

いやいや少し違うんです。

 

 

私が最短距離で出したいのは

 

「ボールの軌道」

 

に対してです。

 

そうすれば、一番短い時間でボールに当てられるので、ギリギリまでボールを長く見れます。そしてそのまま軌道に入ったら、ミート率も上がりますよね。

 

これが私の考える「コンパクトなスイング」です。

 

どうでしょう古田さん?

 

ここからは方法論です。

 

どうやってボールの軌道に最短距離で入れるのか、ですが

 

そもそも、ボールの軌道に最短距離というのは、どういうことか?

 

それを解明しましょう。

 

普通は画像を使ったら、わかりやすいんですが

 

私はめんどくさがりーなので

 

皆さんのイメージ力が頼みですよ。

 

まずは、ボールの軌道をイメージしましょう。

 

そしてあなたは、バットを今まさに振りださんとする構えをとってください。

 

イメージしたボールの軌道と、構えたバットのヘッドで最も最短の距離とは…

 

 

 

バットのヘッドを真下に落とした位置ですよね。

 

要するに、バットのヘッドが真下に移動するような振り出し方をすればいいんですよ。

 

振り方は自分で研究してください。

 

それでは。