鉄腕監督の野球革命!

ある中学校野球部監督のブログです。

一死三塁

今日はランナー1死三塁がテーマです。

 

ランナーをあと1つだけ進めれば1点得点できる場面。アウトを引き換えにしても色々な作戦を考えられている人もいると思いますが、あらためて冷静にメリットデメリットも含めて考えていきたいと思います。

 

1死三塁。

作戦として考えられるのは

①強打

②叩き

スクイズ

④エンドラン

⑤セーフティスクイズ

⑥ギャンブルスタート

⑦ホームスチール

 

といったところでしょうか?(まだあったら教えてください)

 

それでは順に考察していきます。

 

①強打

ヒット以上が出ると最高。さらに得点チャンスが続く。内野が前進守備をしているとヒットが出る確率も高まる。

タッグアップ、ゴロによっても得点が入ることも。凡退でもランナーは残るのでチャンス継続。ランナーがゴロで突入してもランナーが挟まれればバッターランナーが二塁まで行けることも。

最悪はタッグアップや内野ゴロ~送球間の進塁でゲッツー。ただしランナーと約束事をきっちり出来ていればゲッツーのリスクはかなり低い。

1点だけにとどまらない可能性をもったローリスクハイリターンの作戦。

 

②叩き

高く弾ませさえすればランナーは還る確率が高く、ランナーも転がりをみてからのスタートもできるため、ランナーがアウトになる確率が低い。しかも、非力な打者でもしっかりとらえると弾ませられる。

ただ、叩きのスイングでは、なかなかヒットにならなく、バッターはアウトになることが多い。

ハイレベルな投手になると、本来のスイング軌道と異なっているので、空振りやこすったようなフライになることも。

ローリスクローリターンの作戦。

 

スクイズ

ランナーを走らせてバントをするので、転がしさえすれば得点が入ることが多い。

空振りや、フライが上がると一気にチャンスが収束することも。

ハイリスクローリターンの攻撃。

 

長くなるので続きは後日。