読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄腕監督の野球革命!

ある中学校野球部監督のブログです。

バッティングの基礎ドリル その1

今日からはバッティングの基礎感覚づくりに焦点をおいたドリルを紹介したいと思います。

バッティングの基礎ドリル1は、

チョップ

です。

目的は上半身の効率的な力の出すためにはどう動かしたらいいのか感覚をつかむこと、です。

用意するものは、「柔らかいボール」

以上です。
柔らかいボールがなければ新聞紙や、靴下を丸めて作ったボールでも構いません。

練習方法は、自分でボールを投げ上げ、そのボールをチョップします。
ペアで正面から軽く投げてもらってもいいでしょう。

右投右打、左投左打は自分の利き手から始め、次に逆の腕、両手を合わせるとステップを踏んでいくといいでしょう。

上半身の動きに集中するために、下半身は膝立ちにしたり、椅子に座らせたりして行う方法もいいかもしれません。

目指す打球は強く遠くまで飛ぶ打球です。そのためには、どんなチョップの仕方をしたらいいか考えさせましょう。

当たる時に腕は伸ばしたほうがいいのか曲げたほうがいいのか

脇は締めたほうがいいのか開けたほうがいいのか
※左右で違いは?

強くチョップできるのは、どこからどこまでの範囲か(左右高低前後)
※左右で違いは?

当たったあとの腕はどう使うといいのか

などなど感じられると、左右の腕の使い方や、役割などもわかってくるのではないでしょうか?